ホルンパートの魅力

こんにちは。ホルンパートのHです。

 

突然ですが、皆さんはインドア派・アウトドア派どちらですか?

私は、休日家から一歩も出ないなんてこともしばしば。愛猫二匹とまったりゴロゴロするのが至福のときです。

そんな出不精な私ですが、不思議とフィールの練習やイベントは「行こう!」と積極的な気持ちになります。

フィールでの活動は生活のスパイスになっているようです(^^)

 

さて、今回はホルンパートの魅力をお伝えしたいと思います!

 

①大所帯

ホルンパートは常に人数が多め。

現在は男性4名、女性3名の7人体制。

私が入団した当時もすでに10名程のメンバーがおり、入団してよいものか悩んだほどでした。

 

②タフ

練習は基本的に週一回ですが、定期演奏会やコンクールの直前は土日2日続けて長時間練習なんてことも。

そんなとき私はエネルギー補給ゼリーを携え、ヘロヘロになりながら必死で食らい付いていますが、ホルンパートはタフな方ばかり。

休憩中、「さすがに疲れた~」なんて言いながら、休憩明けには余裕で高音低音吹いてらっしゃいます(^^;

羨ましい限り。

 

③パワフル

高校生の頃、

「ホルンがうるさいと言われることなんてそうないんだから、もっと大きな音出しなさい!!」

とよく怒られていましたが、フィールに入団し私の常識は覆されました。

フィールのホルンパートはとてもパワフルなんです。

 

「ホルン、もっと抑えて」

「張り切りすぎ!」

 

などなど、

フィールに入った途端今までと真逆のことを言われるように。。

高音低音を常に余裕で、しかも大音量で吹ける方ばかりなのです。

入団当初は本当に困惑しました(^^;

 

④出席率の高さ

練習はもちろんのこと、芋煮会や打ち上げなどイベントの出席率も高めです。

コロナ禍でここ2年飲み会等もできていませんが、以前はホルンパートで懇親会を開催することもありました。

「魚が食べたい!」「焼き鳥が食べたい!」とリクエストすると、福島の美味しいものを熟知したメンバーが素敵なお店をセレクトしてくださいます。

 

フィール全体での飲み会もそうですが、はやくホルンパート飲み会がしたい!

それまで胃腸と肝臓をしっかり鍛えるとしましょう。

 

まだまだ伝え足りませんが、私はこんな濃いホルンパートが大好きです!

もっと知りたくなった方はぜひ見学へお越しください♪

6月の定期演奏会もホルンパートにぜひご注目くださいね。